エイダ宛の半年前のオーダー「シェリーとジェイクの国外脱出の補佐」 バイオハザード6考察 エイダ編

【スポンサーリンク】

「親愛なるエイダ・ウォンへ」

というシモンズの言葉から始まるエイダ宛のオーダー。

しかし、エイダ編Ch1でエイダには心当たりがないと言っている。

どういう経緯かわからないがカーラ・ラダメスがそのオーダーを代わりに引き受けたらしい。

ジェイク編Ch2のラストのムービーではカーラが出てきているのでカーラが引き受けたということがわかる。

代わりに引き受けたというのは少し不自然な言い方かもしれない。正確にはカーラが横取りしたというのが正解。


シモンズのオーダーがなぜエイダに届かなかったのかわからないが

・シモンズはエイダにオーダーを出した。

・そのオーダーをカーラが代わりに引き受けた。


ちなみにだがシモンズは最後までこのオーダーを引き受けたのは本物のエイダだと思っている。

【スポンサーリンク】

エイダがヘリに乗ってる時のシモンズ戦でシモンズが「なぜジェイクを連れ去った」とエイダに言います。当時プレイしたときこの発言に違和感しかなくずっと謎でした。製作者のミスかなとか思ってたレベルで。


※なお、エイダ編Ch1と2に登場するシモンズはすべてカーラである。

つまりエイダとシモンズはこのバイオハザード6で描かれる半年間で接触したのはラストチャプターの一回だけということである。ヘリ乗ってと話すシーンの所。

シモンズとエイダは以前から面識はあったこと、そしてバイオハザード2以降オーダーを受けているようなストーリーで開始。

この始まりのせいでバイオハザード6のストーリーがすんごくややこしくなっているんですよね。


まとめると

・シモンズとエイダはこの半年間一回も会っていない(ラクーン事件以降一回も会っていない)

・ジェイクとシェリーの国外脱出のオーダーをエイダに出したがカーラが横取りした。

・シモンズはエイダが引き受けたと思っている。

【スポンサーリンク】

えんたん

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする