OBSの配信設定

今回は僕の使っているYouTube上でのOBSの配信設定を紹介したいと思います。

といってもPCスペックからネット環境まで人それぞれ千差万別なのであくまでも参考程度にお考え下さい!!なぜ選んでいるのかを書いてるだけなので解説も少ないですが参考程度にお考え下さい!

ということで本題へ・・・

まずは僕が使用しているOBSの配信設定の画像です。

・1920×1080 フルHD

・30fps

となっています。テストを繰り返した結果、配信の安定と視聴する側の見やすさのためには
「解像度>フレームレート」が良いという結論になりました。なので解像度は下げずフレームレートを下げています。

順に

・エンコーダ

ゲーム配信、ゲーミングPCといった方向だとGTXやらのグラフィックボードがついているかと思うので「NVIDIA NVENC H.264(new)」を選択しています。もう一つ「x264」がありますがApexLegends、BIOHAZARD RE:2、CoD4などはi7-7700(以下)ではまともに高画質で録画、配信できません。
ちなみに「無印と(new)って何が違うんだ?」というのは、


OBS v23.0.xで盛り込まれた最適化は、H.264用の新しいNVENCエンコーダーとして選択可能になっている(エンコード設定を“詳細”とした場合)。注意点としてはこの新エンコーダーはTuringのNVENCを意味するのではなく、最新のNVIDIA Video Codec SDK v9.0対応という意味となる。つまり、Turingでなくとも新しいNVENCエンコーダーは選べるのだ。
 この新しいNVENCエンコーダーでは、画質劣化を抑えつつデータ量を減らす“Rate Distortion Optimization”(RDOと略)、和訳すれば“レートひずみ最適化”手法が追加された。OBSでは「心理視覚チューニング」(英語版だとPsycho Visual Tuning)という項目がこれに該当し、エンコード結果の画質改善に寄与する、とNVENCのドキュメントには記されている。
 そして、Video Codec SDK v9.0では、TuringベースのGPUにおいてRDOのハードウェアサポートが追加されているため、Turingのほうが従来のGPUよりも有利であることは言うまでもないが、そもそもTuringより前のGPUで心理視覚チューニングがソフトウェア的に効くのかは明らかにされていない。
 さらに重要な点として、これまではGPUがレンダリングした映像を一度メインメモリーに読み込み、それをNVENCに戻すという非効率的な作業を行なってきたが、新SDKではGPUでレンダリングした映像がVRAMからNVENCに直接送られ、メインメモリーの帯域を消費せずにストリームされたデータだけを取り出せるようになった。これによりエンコード時のパフォーマンス低下を抑えることが可能になるのだ。

https://weekly.ascii.jp/elem/000/000/426/426524/index-3.htm

要約すると「(new)は画質劣化を抑えつつデータ量を減らしてくれる」ということ。ちなみにOBSでは下記にある「心理視覚チューニング」にチェックを入れる必要があります。

・レート制御

ビットレートを固定するか変動させるかが絡んできます。最高のPCスペック配信環境でない限り固定ビットレートの「CBR」一択ですね。「CBR」はチャージビームライフルの略で・・・すいませんふざけました(*´▽`*)
「CBR」は固定なので画質保持にはいいですが容量を食います。配信時はあまり関係ないですが録画時は変えてみるのもアリかも。

・ビットレート

おそらく最も検索件数が多いであろう項目のビットレートですが「10000」(kbps)にしています。単位変わっただけですがRECentral4などでは10Mbpsですね。他の人の設定はあまりあてにならず、「自分の環境+求める画質-妥協」で考えましょう!
ちなみに、普通にYouTubeに1080pの動画を上げる際は12Mbps(12000kbps)が良いとされています。つまりそれ以上は視聴しづらいということです。配信のことも考えてそれ以下。また下げ過ぎるとブロックノイズが発生するので難しい所。

・キーフレーム間隔

数字の分描写をスキップする項目。大きくすればその分描写がスキップされ軽くなる。全員「2」にしてる気がするから・・・「2」を選んでいるのですが。YouTubeで配信するときに0や1で設定しているとカクツキや読み込みエラーが発生してしまいました。おそらくそういうのを経て先人たちは2に落ち着いた感。また3以上にすると見づらさが目立ちます。つまり配信者も視聴者も2が安心してできる設定。録画時は0にしています。

プリセット

これは最高にすれば最高画質といったところなのでカクツキなどと相談して設定。特に難しいわけではないのでテストしまくるだけ!

Profile

みんなhighにしているから・・・。ほんとにそれだけ。

・Look-ahead

OBSの新しいNVENCに追加された画質オプション「Look-ahead」についても解説しておこう。これはエンコード処理前に次以降のフレームの情報を参照し、Bフレームを必要に応じて入れる設定となる。ただし、Bフレームはデータ量が増える、すなわち実質ビットレートを下げてしまう効果もあるので使わないほうが良い場合もあるだろう。

https://weekly.ascii.jp/elem/000/000/426/426524/index-3.html

正直微々たるものな気がするのでチェックを外している。特に問題なさそうならチェックを入れてみてもいいかも。

・心理視覚チューニング

画質劣化を抑えてなおかつデータ量を減らせるのでチェック。

・GPU

何番目のグラフィックボードを使うのかを指定する項目なので一枚刺しの人には一切関係ないわけで「0」

・最大Bフレーム

数字が大きければその分のフレームを挟むことできれいになるという項目。ここも面白いよね。「0以外ありえない!」って言ってる人もいれば「できるだけ数字を上げましょう」と言ってる人もいて。みんなの間をとって「2」にしています。

基本的には「すべてにおいて安定」を求めています。最高画質設定でもなければ動作最低限でもありません。配信の時の安定と視聴する側の安定を基本としています。

この設定が最強だ!というページではありませんでしたが参考になれば幸いです。

レビュー解説動画のポリシー!! 1.初心者にわかりやすいこと。 2.商品のレビューから来る不安を取り除くこと。そして見てみる。 バイオハザードの実況解説考察もしてます。

シェアする