2020年 最新 ゲーミングチェアの絶対に失敗しない選び方!機能一覧 まとめ レビュー

ゲーム&編集作業するならゲーミングチェア!

ゲーミングチェアとは

ゲーミングチェアとはレースカーのシートようなイスのことを言います。オフィスチェアや勉強机のイスと大きく違う所は「体をホールドしてくれる」という点です。

まず背面シートの長さが違います。普通のイスの場合腰辺りから背中までしかありません。しかし、ゲーミングチェアと言われるイスには車のシートのように頭までの長さがあります。また、シートは〙←このように左右に傾斜があり体を支えてくれます。

このような点からゲーミングチェアは長時間のデスクワークに向いているというわけです。YouTuberやストリーマーをはじめ多くの方が利用しているのにはそういった理由があるのです。

試しに近くの家電量販店のゲーミングデバイスコーナーに行って座ってみてください。座った瞬間にこれは必要なやつだ!と体感できるはずです。

その他にもアームレストが付いていたりヘッドレスト、ランバーサポートが付いていたりリクライニング機能が付いていたり各種様々な機能が挙げられます。


こんな人は絶対にゲーミングチェアを買うな!

ゲーミングチェアを買う理由は?

「長時間ゲーム配信しているので」「長時間デスクワークするので」「最近腰痛が・・・」「みんなが良いっていうから」おそらくゲーミングチェアを買う理由は様々だと思います。今上に書いたような方はこのままゲーミングチェアを検討していきましょう。
ただしこんな方は絶対にゲーミングチェアを買ってはいけません。必ず失敗します。

・リラックス用に欲しい

リラックス用にゲーミングチェアを探している方は今すぐ違うイスを探しに行きましょう。なぜなのか、それは簡単です。リラックス用ではなく仕事用に作られているからです。
仕事用というと少し堅苦しく感じますがが、作業をするためのイスという点からも仕事用といってもいいのではないかと思います。「休日に映画をゆっくり見たい!」「ゲームをまったりプレイしたい!」という方はソファーなどを買いましょう!


ゲーミングチェアの選び方

ゲーミングチェアの値段の参考

※価格はAmazonを参考におよその値段でまとめています。

~1万5千円

大手メーカーからは背面シートが小さいタイプ、アームレストが無いタイプ等コストカットを図った商品がある。ゲーミングチェアというよりオフィスチェアに近い。

模造品も多く値段が一万円を切っているのにゲーミングチェア一式がそろっている場合は注意したほうがよい。

~2万5千円

Theコスパ商品の宝庫。各種メーカーがコストと質を両立させたモデルが数多く存在する。機能バリエーションも豊富なので良いと聞いたからという理由での購入は避けよう!購入目的を考えて買うように!高評価レビュー低評価レビューを参考にして自分に合ったゲーミングチェアを探そう!

コスパ最強商品紹介の僕の考えと一致するならこの商品がおすすめ↓

最強コスパ税込み2万円を切るのに高性能な国産ブランドのゲーミングチェア

~3万5千円

大手メーカーの中堅モデルが数多く発売されている。無難な選択。失敗する危険の無いゲーミングチェアを買う安全感。

4万円〜のハイエンドクラス

大手メーカーの本領発揮といわんばかりの高品質ゲーミングチェアが多く発売されている。シートがゆったりと座れたり素材がよかったり機能が豊富だったりする。


ゲーミングチェアの機能一覧

まずはゲーミングチェアに付いている様々な各種機能を一覧にまとめてみました!

・リクライニング

リクライニング機能です。背面シートを倒すことで様々なスタイルに合わせて作業ができます。ここで見ておくべき点はどれだけ倒れるかです。商品によってどこまで倒せるかが変わってきます。真っ直ぐになる180度のゲーミングチェアなら完全な睡眠体制が取れます。

・アームレスト

アームレストです。肘掛け(肘置き)のことです。アームレストがあることで腕を支えてくれるようになり無駄な肩こりや腱鞘炎などの疲労を防ぐことができます。見るべき点は可動する所素材です。

現在アームレストには固定タイプ可動タイプの2つがあります。

固定型はその名の通り一切動かない固定されたアームレストになります。体のサイズや机の高さ等と合えば良いですが合わないことがあります。

次に可動タイプですが多くのバリエーションがあります。シート連動タイプ上下/左右/前後/首振りタイプ等があります。

シート連動タイプはその名の通りシートのリクライニング機能に合わせてアームレストが動くタイプです。勝手に動いてくれるため自分で調節する必要がないのがメリットです。ただ、取り外しができないことが多いので注意が必要です。

次に上下/左右/前後/首振りタイプは商品名称ではどれか1つあれば1Dアームレスト、2つなら2Dアームレスト、3つなら3Dアームレスト、4つなら4Dアームレストと呼ばれています。自分で調節するため自分に合う状態に調節できます。

・ヘッドレスト

ヘッドレストです。ネックピローや首枕のようなアイテムです。頭部を固定する事で首こり肩こりに効果があります。長時間のデスクワークでは首を常に支える必要があるためヘッドレストを使用することで疲労を和らげます。

・ランバーサポート

ランバーサポートです。腰を支えてくれるアイテムです。普通に座ると腰に隙間が空きます。これを無くしてくれます。そのため腰痛予防に効果的です。

・ティルト/ロッキング機能

ティルト/ロッキング機能です。名前の通りイスが傾きます。そして固定する機能です。ゆりかご機能とも呼ばれます。必要ないように思いますが、ちょっとした休憩をはじめリクライニング機能と合わせれば睡眠まで対応させることができます。

・フットレスト/オットマン

フットレスト(オットマン)です。格納タイプ追加タイプがあります。リクライニング機能と合わせて休憩から睡眠のサポートをしてくれます。寝るときに足がブラブラしたままなのを固定するためにあります。

絶対にゲーミングチェアで寝ないという方は必要ありません。


その他機能

一部のモデルで搭載されている便利機能や珍機能も紹介しておきます。

・スピーカー

スピーカーが搭載されているゲーミングチェアです。ゲームセンターのレースゲームみたいな感じでプレイできます。意外と音質がいい傾向。

・マッサージ

マッサージ機能です。マッサージチェアほど豪華ではありませんが付いています。


ここまでで探すなら

値段、そして機能一覧から探すならまずはどんな機能が欲しいのかから考えて選ぼう!そうすれば欲しい&買って満足できる商品に出会えるだろう!


ゲーミングチェアの素材一覧

続いてゲーミングチェアの素材を一覧にまとめてみました。

・ファブリック

ファブリック素材。通気性に優れている。ただしヘタる恐れがある点がデメリット。

・レザー

PUレザーが主流。高級感があり、これぞゲーミングチェアだという見た目になる。汚れにくい点柔らかく肌触りがいい点が良い。ただし、加水分解やの恐れや蒸れやすさがデメリット。

個人的な感想で言うと、一般的に通気性があると謳われているファブリックも蒸れる。俺のケツは蒸れる。レザーの中でも通気性が良いと謳われているレザーもあるが蒸れる。俺のケツは蒸れる。
「蒸れ」からはどれを買っても逃れられないのである。
素材で選ぶのは汗かきにくい人だけです。汗っかきな人はひんやりするシートをかけましょう。あがくだけ無理です。一生満足できません。


その他見ておくと良い点

値段、機能そして素材を紹介しました。しかしここも見ておいたほうがいいよという点を紹介しておきます。

・寸法/サイズ

いろんなところの高さや大きさを見ておきましょう。特に見落としがちなところで重要なのは「座部(座るところ)」と「背面シート」の大きさです。
ゆったりと座るのかホールド感MAXで座るのかでかなり印象が変わってきます。自分の体の大きさとゲーミングチェアの寸法を比べてみましょう。あぐらをかいたり足を立てたり寝やすいか座りやすいかに影響します。

・クッション

座り心地に関わります。柔らかめから固め、深めから浅めでかなり印象が変わります。
腰痛対策ならある程度固さがありながら底を感じない程度のクッションをおすすめします。
ヘタってくるとフレームを感じるようになり非常に座り心地が悪いです。
実際に近くのお店で試してみるとわかりやすいです。


おすすめゲーミングチェアメーカー

おすすめのゲーミングチェアメーカーを紹介しておきます。割と辛口レビューです。


・AK RACING(エーケーレーシング)

一番有名なメーカーだと思います。2005年進出。商品展開が少ないですが老舗メーカー。ユーチューバーの多くが使っていることからも人気があることが分かります。

AKRacingならこれがおすすめ!

公式サイトはこちら


・DXRacer(ディーエックスレーサー)

こちらも有名なメーカー。2010年参入。高品質で各価格帯に応じた商品展開をしているメーカー。価格による住み分けがされているので予算から決めて購入できるのがいいです!

DXRacerならこれがおすすめ!

公式サイトはこちら


・Bauhutte(バウヒュッテ)

ゲーミング家具というゲーミングデスクやゲーミングチェアを販売しているメーカー。価格はそこそこするが一式が揃うので部屋の雰囲気が統一できます。商品展開も増えてきているので部屋全体Bauhutteにすることも夢ではない?!

Bauhutteならこれがおすすめ!

公式サイトはこちら


・GTRACING(ジーティーレーシング)

2011年に創業。ググったりYouTubeでコスパという検索をすると必ず紹介されるメーカー。Bluetoothスピーカー付きゲーミングチェアや連動アームレストゲーミングチェア等面白い商品がある。
このメーカーは有名なのですがNo1のベストセラー受賞多数なのに一切表記されていないし、公式サイトも詳しい情報が無いし企業検索してもなのでまあおそらく・・・
個人的な印象はコスパではなく値段相応な商品。AKRacingやDXRacerが市場独占していた中、安さを売りに発売されたイメージです。 いかにもヤバそうな安いゲーミングチェアを買うなら利用者の多いメーカーにしたほうがいいかなっていうぐらい

公式サイトはこちら!


・GALAKURO GAMING(ガラクロゲーミング)

2019年にできたメーカー。玄人志向のゲーミング特化ブランドとして登場。ゲーミングチェア業界では新参者だが国内ブランドでアフターサービスも安心できる。そしてなにより価格が安いのに高機能な商品。これぞ本物のコスパ商品という商品を多く出している。


レビューの見方

メーカーで選ぶなら☆4と☆2レビューを参考にしてみましょう。☆4には良かったけどイマイチだったところ、☆2は客観的な意見のある否定的な内容が分かるので参考にしてみましょう。

他にもいろいろなメーカーが存在しますが会社名で検索してみてください!公式サイトがあるという意味ではなく会社情報を見てください。別の人の記事で「このメーカーは海外で有名な・・・」という内容で紹介されているものを見つけましたが会社名を検索しても信憑性の高いサイトが全然ヒットしませんでした。


ゲーミングチェアの選び方まとめ

1.機能一覧から必要な機能をリストアップ

自分の欲しい機能をリストアップして本当に欲しい機能を持ち合わせているゲーミングチェアを見つけましょう!

2.予算に照らし合わせる

予算に合わなければ購入を控えましょう!高くても安くても確実に失敗します。2万円の安いゲーミングチェアでも満足のいく人もいれば5万円払っても満足できない人もいます。その差は何か?「自分が欲しいものを出したい値段で買えたか?」です。商品のクオリティはその後です。


以上、ゲーミングチェアの絶対に失敗しない選び方でした!

レビュー解説動画のポリシー!! 1.初心者にわかりやすいこと。 2.商品のレビューから来る不安を取り除くこと。そして見てみる。 バイオハザードの実況解説考察もしてます。

シェアする