本当に失敗しないコスパ商品だけで高品質な実況配信環境を!機材紹介!ゲーミングPCにチェア、マイク、モニター、オーディオインターフェース、キャプチャボード!

実況配信環境を紹介!

実況配信環境

まったりと大学生実況者が実況配信環境を紹介!本当に失敗しないコスパ商品だけで高品質な環境を!ゲーミングPCにチェア、マイク、モニター、オーディオインターフェース、キャプチャボード!

一通り揃ったのでゲーミングPCとゲーミングデバイスと実況配信機材の紹介!気になった方はぜひ購入を検討してみてください!!


実況配信機材一覧(紹介順)

・チェア

GALAKURO GAMING CHAIR-BKGY 多機能調整 / 4Dアームレスト / PUレザー/ヘッドレスト/ランバーサポート/腰痛対策 / 1年保証

税込み19,800円で質が最高に良いです。これが国産メーカーの最強コスパゲーミングチェアといっても過言ではない製品となっており満足。「ゲーミングチェアの良いやつ高いなでも欲しいな」のラインを見事に突いてきたなと感心しちゃう。


・モニター (メイン)

ASUS ゲーミングモニター 21.5型FPS向き/1ms/TN/HDMI×1/D-sub/スピーカー内蔵/ブルーライト軽減/VESA/3年保証 VP228HE

セールによっては価格変動するが、Amazon最安値のゲーミングモニター(同じサイズ)
動画の検証でもわかるようにマジでブレが減ります。120fpsとか4Kとか必要性を感じない人にかなりおすすめ。
色が白くてスピーカーの音質が悪い。僕のように外部スピーカーを導入する人はかなりおすすめ。

※HDMIが入っていませんのでHDMIの場合は別途必要です。

AmazonでHDMIケーブルを検索する↓


・モニター (サブ)

【Amazon.co.jp限定】ASUS フレームレス モニター 23インチ IPS 薄さ7mmのウルトラスリム ブルーライト軽減 フリッカーフリー HDMI,D-sub スピーカー VZ239HR

セールによっては価格変動するが、Amazon最安値のIPSパネル(同じサイズ)安くてきれいな画質がいっぱい欲しいひとはこのモニターで組むと安くできる。

Amazonでモニターを検索する↓


・スピーカー

FOSTEX アクティブ・スピーカー PM0.3H(W)

動画編集やDTMのモニター用に買いました。簡単に言うと音の確認をするためのスピーカーです。音がくっきりと見えるのに1万円は安いんじゃないかと思うレベルです。映画鑑賞から音楽鑑賞といった使い方でも迫力があります。すこし低域が弱い(フラットな音色なので)頭振ったりする系の音楽はめちゃくちゃきれいな音になります。スピーカーとかヘッドホンってレビューでつたえるのムズイけどわかりやすくいうなら、「耳コピがめちゃ簡単になる」っていう感じです。色といい見た目といいめちゃおしゃれなのでインテリ家具としてもいけます!


・マウス

Logicool G ゲーミングマウス ワイヤレス G304 ブラック LIGHTSPEED 無線 99g 軽量 HEROセンサー LIGHTSPEED 国内正規品 2年間メーカー保証

ロジクール製品の中で一番コスパがいいモデル。ワイヤレスで99gでサイドボタンが二つ。軽ければ軽いほど良いので求めるなら2万のマウスだね。


・マウスパッド

エレコム マウスパッド A4サイズ DUX ブラック MP-DUXSBK

お高いマウスパットは本当に操作しやすい。しかし中堅モデルはそこまで違いが感じられないのでエレコムのゲーミングモデルを選びました。600円程度です。


・マイク

ゼンハイザー e 945 スーパーカーディオイド【国内正規品】

実況配信するなら環境音いらない、周りの人の声いらないというわけで本当に実況者の声しか聞こえないという。。実況配信専用部屋が無い人や環境音が気になる人におすすめのボーカルマイク。さらにコンプがかったような押し出し感のある音色となっており声の強化に向いている。
実況者として声はかなり大事なので視聴者さんにきれいな音質で届けたいというわけでマイクはコスパじゃないちょっと良いやつ買った( ´∀` )


・キャプチャーボード

AVerMedia Live Gamer EXTREME 2 GC551 4Kパススルー対応 ゲームキャプチャーボックス Full HD 1080p 60fps usb3.1 Ultra-Low[Latency] [並行輸入品] (GC551)
(販売終了したGC550の後継機です)

今の時代キャプチャーボードはいろんなメーカーから発売されているけども一昔前はAVerMediaさん一択だったもので。一番古いキャプチャーボード/ゲーム実況製品を売っているメーカーです。


・オーディオインターフェイス

Steinberg UR22mkII インターネット配信に便利な機能搭載 ヘッドホン端子付き 音楽制作アプリケーション付き

DTM(音楽作るやつ)初心者におすすめのオーディオインターフェイスです。なんとDTMができるソフトが付いてきます。マイクの二本挿しが可能なので弾き語りで歌とギターを別撮りみたいなことが出来ます。見た目もかっこいいです。

実況配信のみに利用したい人はこちらのマイク接続本数1本がおすすめ!↓

Steinberg USB2.0 オーディオインターフェース UR12


・ヘッドセット

Logicool G ゲーミングヘッドセット G433 ブルー Dolby 7.1ch ノイズキャンセリング マイク 付き PC PS4 Switch変換ケーブル付き usb 軽量 国内正規品 2年間メーカー保証

7.1サラウンドヘッドセットは値段と質がイコールな部分もあります。G433は中堅モデルでかつメッシュ生地なのでお財布にも長時間プレイにも優しいヘッドセットになっています。マイクもノイズキャンセリングが聞いてくれるのでVCや実況におすすめです。ヘッドホンと安価にノイズの無いマイクを探している人におすすめです。
色なんて何でもいいというのなら黒だけ1~3千円ほど安く売っているときがある。(Amazon)


実況配信環境を作るには

どんな実況配信をするのか?

ここめちゃくちゃ重要です!
もしプロゲーマーみたいな実況者目指すなら僕の機材よりもゲーミング機材を中心にモニターやマウス、キーボードなどの高くて良いやつを選びましょう。
そしてマイクはヘッドセットのマイクで十分です。実際FPSがうまい実況者さんなんかはマイクがヘッドセットのマイクまたは割と安いマイクだったりします。プレイスキルが高ければごまかせるのかも???がっちり高い人もいるんですけどね。ようはプレイスキルが中心なので指示出しや解説とかトークができれば十分でしょう!お金に余裕が出てきたらマイクという沼に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか?多くの方がそうしています。
もしくは見た目や性能にこだわった形もあります。俗にいう映えるってやつです。ただめちゃくちゃお金がかかります。

実況配信機材の予算

ちなみに僕の今回紹介した機材の総額は約30万円となっております。ハンコンとかゲームとか含めると50万ぐらいになります。さらに本とか素材とか入れるともっとする気が・・・。さらにモニターやマイク等買い替えてる機材もあったな。
ただほとんど収益無いので完全にマイナスです。ビジネス目的でもないので趣味の延長と将来のための投資です。バイト代つぎ込んでようやく完成。

レビュー解説動画のポリシー!! 1.初心者にわかりやすいこと。 2.商品のレビューから来る不安を取り除くこと。そして見てみる。 バイオハザードの実況解説考察もしてます。

シェアする