洋館事件 とは バイオハザード1 時系列考察解説

目次

洋館事件とは バイオハザード1 時系列考察解説

洋館事件とは バイオハザード1 時系列考察解説

バイオハザード/洋館 アークレイ研究所
バイオハザード/洋館 アークレイ研究所

バイオハザード1の物語を表している。

つまり「1998年7月24日~25日のクリス達の調査」を洋館事件と呼んでいる。

また同年5月11日の研究所でのウイルス漏洩事件と7月23日の黄道特急事件がきっかけとなっている。洋館事件によりアークレイ研究所での一連の事件が明らかになっていく。

洋館事件が起きるまでの話

洋館事件の舞台 アークレイ研究所で行われていたこと

トレヴァー家の悲劇
バイオハザードアンブレラクロニクルズ/リサトレヴァー
バイオハザードアンブレラクロニクルズ/リサトレヴァー

1967年に建築家ジョージトレヴァーによって建てられたスペンサーの洋館。しかしそれは表向きの姿。実はウイルス実験をするための研究所であった。

完成から数日後、洋館の設計を請け負ったジョージトレヴァーは洋館内のトラップを知っていたため幽閉されることになる。その後ジョージトレヴァーは脱出を試みる。そんな中、自分が幽閉される数日前に出かけた妻と娘の安否を心配する。しかし洞窟でジェシカのハイヒールを見つけ妻と娘もすでにアンブレラに捕まっていることを察する。その後ジョージは”どこか”でひっそりと飢えで死亡してしまう。

ジョージが幽閉される数日前に、急病で倒れた祖母に会いに出かけたジェシカとリサはアンブレラに誘拐されウイルス実験の被検体になっていた。二人も同じように脱出を試みるが時すでに遅し。ジェシカは投与されたウイルス定着に失敗し廃棄されてしまう。リサはウイルス定着に成功し保護観察となる。リサは不死身の体を手に入れると同時に理性を失ってしまう。母親がいなくなったこととウイルスによる理性の崩壊によりリサは母親探しを行うようになる。母親探しとは人間の顔を剥ぎ取り自分にくっつけるという常軌を逸した行動である。これ以降リサは様々なウイルス実験の被検体になる。

幾度となく実験され続けたリサはあれから数十年経っても死ぬことなく生きながらえていた。そのころにはリサは調べ尽くされ何も研究成果が出ないただのデキソコナイとなってしまった。そんなとき、ウィリアムとアルバートによりリサはプロトタイプネメシスを投与され覚醒することになる。そしてウィリアムはその中に新たな可能性を見つけることとなる。これがのちのGウイルスである。

それから数年後多少の知性を取り戻したリサは3人の研究員を殺害した事から廃棄が決定する。そしてリサはどこかへと運ばれその後リサがどうなったのか知る者はいない。

―お母さん 会いたい

戦闘用の生体生物兵器-タイラントの開発

アークレイ研究所でのTウイルスの研究の最終目標、それはタイラントと呼ばれる戦闘用の生体生物兵器を作ることだった。

ゾンビとコストパフォーマンスに優れた兵器であるハンターの変異株は人間に適合するケースが多く見られたが脳組織を衰退させるという欠点があった。つまり脳細胞の衰退による知性の低下が兵器としての価値を下げることに問題がある。

しかしながらタイラントの開発には大きな問題があった。それが圧倒的な適合者の少なさである。「1000万人に1人」しかタイラントになることができないのである。

その後セルゲイが完全適合者として候補に挙がりセルゲイのクローンがタイラントの開発に使用される。

洋館事件のきっかけ1

ウィリアムとアルバートが10年前に殺害したはずのジェームスマーカスが謎の復活を果たし彼の復讐が始まる。

1998年5月11日に起きた洋館でのウイルス漏洩事件が原因で洋館は壊滅状態に陥る。洋館内で擬態マーカスがウイルスをこっそりとばら撒いたことが原因である。別にBOWを使ったりヒルで攻め込んだりしたわけではない。

このウイルス漏洩事件をきっかけに洋館は崩壊へと着実に一歩ずつ歩み始める。

洋館内のプラント42が急激に成長したり職員がゾンビ化もしくは自殺した。また、ジョンがエイダに遺言を残したりした。

また、ケルベロスが逃げ出し周辺で猟奇殺人事件が頻発する。市民からは一刻も早い事件解決を望む声が高まりS.T.A.R.S.が調査をすることになる。

これらの出来事をきっかけにアンブレラは「S.T.A.R.Sを介入させ洋館で戦闘データを収集すること」「洋館アークレイ研究所を爆破し破棄すること」を決定する。

この時アルバートはアンブレラを裏切る機会を得ることになる。アンブレラの作戦を利用して実践データを収集した後、タイラントを交渉材料に敵対する企業であるH.C.F.に移る作戦を企て、その時を待った。

洋館事件のきっかけ2 事件前日

バイオハザード/ニュース
バイオハザード/ニュース

ここ最近頻発している猟奇殺人事件について本格的に調査をすることになった。S.T.A.R.S.が調査をすることになってから2週間が過ぎての現地調査。これは仕組まれたものなのか…?

7月23日アルバートの指示でレベッカチェンバースが所属するブラボーチームが出動することになった。

詳しくはこちらの動画と記事を↓

【完全版】黄道特急事件とは 正確な時系列を解説 ラクーン事件 バイオハザード0 レベッカとビリーの協力 アルバートウェスカーとウィリアムバーキンの暗躍 ジェームスマーカス博士の復讐 1998年

レベッカとエンリコとリチャードが洋館へと足を踏み入れる。セルゲイが洋館へと向かう。アルバートがアルファチームと合流する。

バイオハザードアンブレラクロニクルズ黄道特急事件/レベッカチェンバース
バイオハザードアンブレラクロニクルズ黄道特急事件/レベッカチェンバース

洋館事件 事件当日

悪夢という現実

バイオハザードアンブレラクロニクルズ悪夢/レベッカチェンバース&リチャードエイケン
バイオハザードアンブレラクロニクルズ悪夢/レベッカチェンバース&リチャードエイケン

洋館へと足を踏み入れたレベッカは疲れにより寄宿舎のベッドで眠ってしまう。その夢の中で大きな大蛇が出る夢―悪夢を見る。

その後、レベッカはリチャードと合流し洋館を探索していく。

レベッカ達は洋館の外を歩く人影を発見する。その人物こそセルゲイウラジミール。秘密裏にテイロスの素体を回収していたのである。

レベッカ達は謎の大蛇に襲われ図書室へと逃げ込む。なんとか、その大蛇に応戦することができたがリチャードが大蛇の攻撃により毒に侵されることになる。

リチャードが瀕死の状態。しかしレベッカは何もできない。レベッカは自分の甘さ、弱さを呪った。

クリス達アルファチームが出動

ブラボーチームが消息不明になってから数十時間後、アルファチームが出動することになった。

ブラボーチームのヘリを発見し調査すると既に死体となった隊員を発見する。

バイオハザード/それが悪夢の始まりだった
バイオハザード/それが悪夢の始まりだった

するとどこからともなく苛立った様子の犬が集まってきた。コイツらこそ今回の猟奇殺人事件の犯人であるケルベロスという名の犬のB.O.W.である。

ケルベロスによる急襲によりアルファチームは応戦することができず一時撤退を余儀なくされる。これによりバリーとはぐれてしまった。また、Jフロストが死亡してしまった。

クリス、ジル、アルバートは近くにあった洋館へと足を踏み入れる。誰かに仕組まれたように…

クリスとジルは共に行動し洋館内で行われていた実験の数々とアンブレラの悪事を知ることになる。そんな中ジルサンドイッチ製造機天井が下がってくる仕掛けやへったくそなピアノ演奏でも開いてしまう判定ガバガバな扉等がクリス達を苦しめる。

寄宿舎を調査しているとバリーが誰かと会話しているような声が聞こえてくる。しかし、そこにはバリーしかおらず、バリーも独り言と言い張る。ジルの中にバリーに対する不信感が募る。

洞窟を調査しているとブラボーチームのエンリコがいた。彼はこの事件の真犯人が分かったという。

バイオハザード/エンリコとジルとアルバート
バイオハザード/エンリコとジルとアルバート

しかし彼は真実を言う前に死亡してしまった。(クリス達はエンリコが死んだ時、「誰なのか言ってよ」と思ったことだろう。)

セルゲイがアルバートの裏切りを邪魔するためレッドクイーンを起動し研究データをU.M.F.-13に移す。それによりレッドクイーンは裏切り者アルバートのU.M.F.-13のアクセス権を剥奪する。

クリス達は手錠を付けた怪物、大蛇、大きな植物、立ちはだかる敵を撃退しながら研究所まで調査を進めた。そして事件の真相にたどり着くことになる。この洋館で行われていた研究-Tウイルスの実験、アルバートがこの事態を利用して暗躍していたこと、そしてバリーは家族を人質にされウェスカーの命令を聞かざるを得ない状況だったのだ。

アルバートはクリス達が来る前にウィリアムから貰った試作段階のウイルスを投与。タイラントを起動し腹部を貫くよう仕向けわざと死亡。これは仮初めの死を演出しアンブレラに死亡したように見せかけるためである。

クリス達はタイラントを退けブラッドのヘリが待つヘリポートへと向かった。そこでまたしてもタイラントが登場する。ブラッドが投下したロケットランチャーでタイラントを撃退しクリス達は脱出に成功する。

バイオハザード1/ジルED
バイオハザード1/ジルED

少し時間は遡り起爆システムが起動している頃、アルバートが蘇生する。

デキソコナイ―リサトレバーがアルバートの前に立ちはだかる。しかしながらウイルスによって力を得たアルバートの前には敵わなかった。

バイオハザードアンブレラクロニクルズ/洋館事件 転生 アルバートウェスカーの脱出
バイオハザードアンブレラクロニクルズ/洋館事件 転生 アルバートウェスカーの脱出

アルバートはリサトレバーと洋館を後にラクーンフォレストの中を駆け抜けた。

バイオハザード/洋館爆発
バイオハザード/洋館爆発

まもなく、洋館は跡形もなく吹き飛んだ。

洋館事件のその後

アルバートは交渉材料として用意していたタイラントがクリス達に倒されH.C.F.での地位の確立に失敗することになる。

脱出したクリス達は洋館事件の報告書をまとめ、提出する。しかし洋館が爆発してしまったせいで証拠が無くなってしまった。

クリスは報告書をまとめ署長に掛け合ったが全く相手にしてくれない。それどころかいくつかの証拠が署内から勝手に破棄され紛失してしまっていた。日に日にクリスは職員と揉め事を起こすようになりそのせいで自宅待機命令が出された。しかし、クリスは外部に連絡を取り独自のルートで調査を始めた。

そしてクリスは新たな情報を手にし単独で調査を進める。クリスは洋館事件の後も一人で戦っていたのだ。ジルやバリーにすら黙って。

新たなウイルス―Gウイルスとはいったい何なのか?

クリスはジルとバリーを自宅に呼び出した。

洋館事件の時系列 バイオハザード1

アークレイ研究所での出来事

1962年

3月21日

スペンサーがジョージトレヴァーに洋館の設計と建築を依頼する。完成まで5年かかる。

7月21日

ジョージトレヴァーがスペンサーと会議を行う。スペンサーが将来洋館が完成した時にトレヴァー家を洋館に招待することとリサトレヴァーをモデルにした絵画を洋館に飾ることを約束する。

1966年

9月

スペンサー達がアフリカへ太陽の階段を求めて探しに行く。ンディパヤ族に襲われる。

12月4日

スペンサー達が始祖ウイルスを発見する。

1967年

11月

アークレイ研究所・洋館が完成する。

11月10日

リサトレヴァーとジェシカトレヴァーが誘拐され、始祖ウイルス変異体を投与される。なお、ジョージトレヴァーは急病で倒れた叔母の見舞いに出かけたということしか知らない。

11月13日

ジョージトレヴァーが誘拐される。

ジェシカトレヴァーがリサトレヴァーに脱出の方法を提案する。

11月14日

リサトレヴァーが別のところに連れていかれる。また注射を打たれ、ぼーっとなる。

11月15日

リサトレヴァーの感覚がおかしくなる。

リサトレヴァーがお母さん(偽物)と食事をする。(その人を食べた?)

リサトレヴァーはお母さん(偽物)が偽物であることを発見する。お母さん(偽物)を殺害し顔を剥ぎ取る。

11月17日

リサトレヴァーの言語能力が低下し始める。

リサトレヴァーが石の箱の中からお母さんの匂いを嗅ぎ取る。

11月19日

リサトレヴァーが体に殺害した人の顔を引っ付けていく。しかし、ジェシカトレヴァーには会えない。

11月24日

リサトレヴァーがお母さんに会いたいと願う。

ジョージトレヴァーがなぜ自分が幽閉されているのかを知る。

11月26日

ジョージトレヴァーが急病で倒れた叔母の見舞いに出かけたジェシカトレヴァーとリサトレヴァーのことを心配する。(2人が誘拐、ウイルス実験されていることをしらない)

11月27日

ジョージトレヴァーが部屋から脱出する。しかしそれ以降自分で作った仕掛けに苦労することになる。

11月28日

ジョージトレヴァーが洞窟でジェシカトレヴァーのハイヒールを発見する。

※考察参照のこと

11月29日

ジョージトレヴァーが食事をとっていないため気が狂いそうになる。

※考察参照のこと

11月30日

ジョージトレヴァーが「ジョージトレヴァー」と書かれた墓を発見する。秘密の部屋に隠れる。

ジョージトレヴァーが衰弱し実験の被験体から外される。そして死亡する。

※考察参照のこと

1968年

スペンサーらが製薬企業アンブレラを設立する。

1977年

9月2日

アルバートとウィリアムが幹部候補として幹部養成所に配属になる。

10月7日

マーカス博士がアルバートとウィリアムを徹底的に張り合わせろと副所長に命令する。

1978年

7月29日

幹部養成所の閉鎖が決まる。

7月30日

アルバートがアークレイ研究所の構造を全て暗記する。

7月31日

アルバートとウィリアムが「彼女−リサトレヴァー」と出会う。

1981

7月27日

10歳のアレクシアアシュフォードが南極基地の主任研究員に配属される。これによりウィリアムのプライドが粉々に砕かれる。焦りを感じたウィリアムは思いつきの実験を行うようになり実験体があっという間に死んでいくことになる。

「彼女–リサトレヴァー」が28歳になる。ウイルス投与から14年経ったが今も生き続けている。

1983年

12月31日

アルバートはアークレイ研究所がなぜ生態系の集まる森の中にあるのか疑問に思う。また研究員としての限界(スペンサーの真意を探るため)を感じる。

リサトレヴァーから意味のある実験データが取れなくなり「デキソコナイ」と呼ばれるようになる。

1988年

マーカスがアルバートとウィリアムに裏切られ射殺、死亡。その後マーカスが愛情を込めたヒルはマーカスの死体に侵入しマーカスの細胞をコピーし始める。

この際時間をかけてマーカスの細胞とじっくり融合した結果マーカスの体だけでなく精神までコピーする。

このためこれ以降マーカスは死亡しているがヒルの擬態マーカスが事件を引き起こす。

7月1日

Tウイルスの研究が第三段階に入る。タイラントの開発。

アルバートがヨーロッパからプロトネメシスを取り寄せる。

プロトネメシスは死亡例しか無い危険なサンプルだったため、リサトレヴァーを被験体に使うことになる。

リサトレヴァーがプロトネメシスを取り込み体内で何かが覚醒しようとし始める。

ウィリアムがGウイルス計画を思いつく。

1991年

アンブレラがラクーンシティの地下に研究所を建設する。

スペンサーがGウイルス計画を承認する。

アルバートが情報部へ転属になる。

1994年

新しい主任研究員としてジョンがやってくる。

1995年

7月31日

リサトレヴァーの生命反応が停止しどこかへ運ばれる。

1996年

S.T.A.R.S.が設立され、アルバートが隊長に就任する。

1998年

5月9日

飼育係が警備員のスコットとエリアスと研究員のスティーブとポーカーをする。

5月10日

研究員のおえら方が飼育係にハンターの世話を頼む。

5月11日

復活したマーカス博士の復讐が始まる。マーカス博士アークレイ研究所(洋館)にTウイルスをばら撒く。これによりアークレイ研究所でTウイルスが蔓延。ウイルス漏洩事件。

職員は防護服を着せられる。

5月12日

飼育係の背中が痒くなる。腹いせに犬の餌を抜きにする。

5月13日

飼育係が防護服を着なくてよいことになり喜ぶ。→飼育係は感染しており研究員に見捨てられている。

5月14日

飼育係の足に腫物ができる。犬が脱走する。

5月15日

Tウイルスに感染したプラント42が急速に成長する。

研究員の一人が洋館から脱走を試みるも射殺される。

5月16日

飼育係の胸の腫れ物を掻くと肉が腐り落ちる。言語能力が低下し始める。

5月19日

飼育係の熱が引く。とても痒くなる。犬の餌を食う。

5月20日

ラクーンシティのマーブル川で女性のバラバラ死体が発見される。

5月21日

プラント42についての情報をまとめる。

飼育係がスコットーを食い殺す。

5月24日

かゆい うま(飼育係が完全にゾンビ化なにかを食い殺す)

5月27日

ラクーンタイムズが女性のバラバラ死体が発見されたことを記事にする。

6月3日

マーチンクラックホーンが彼女(アルマ)に遺言を残す。

6月8日

ジョンがエイダ宛に手紙を書く。

6月16日

ケルベロスの目撃情報が相次ぎ記事になる。

7月9日

アークレイ山地を封鎖することが決定する。

S.T.A.R.Sが猟奇殺人事件の調査をすることが決定。

7月22日

アークレイ研究所・保安部長宛てに作戦が書かれたメールが送られてくる。

7月23日~24日

レベッカ達ブラボーチームが出動。謎のエンジントラブルにより不時着。黄道特急事件が始まる。

黄道特急事件とは バイオハザード0 時系列考察解説

【完全版】黄道特急事件とは 正確な時系列を解説 ラクーン事件 バイオハザード0 レベッカとビリーの協力 アルバートウェスカーとウィリアムバーキンの暗躍 ジェームスマーカス博士の復讐 1998年

レベッカ、エンリコ、リチャード、セルゲイが洋館へと向かう。アルバートがR.P.D.に戻る。

洋館事件

1998年

7月24日

レベッカは前日の疲れにより寄宿舎の一室で眠る。その後リチャードと合流。洋館へ向かう。

セルゲイが素体の回収に成功する。

クリス達アルファチームが出動し現地で死体を発見する。

クリス、ジル、アルバートが洋館に逃げ込む。

リチャードが死亡する。真相に気づいたエンリコが暗殺される。

7月25日

0時丁度にアルバートのアクセス権が剥奪される。

アルバートが試作段階のウイルスを自身に投与する。

タイラントが起動しアルバートを殺害する。クリス達がタイラントを退ける。

アルバートが生き返る。

リサトレヴァーがアルバートと対峙し負ける。

タイラントは遂に倒されクリス、ジル、バリー、レベッカはブラッドの救援により洋館からの脱出に成功する。アルバートが洋館から走って逃げる。

洋館事件 のよくある間違い バイオハザード1

洋館事件はウイルス漏洩から爆発までの2ヶ月である

洋館事件は「5月11日のアークレイ研究所でのバイオハザード(マーカスによる復讐)からクリス達が洋館で行った調査の終わり(洋館の爆破)までを意味する」というような解説などがみられますがそれは大きな誤りです。

▼7月
(中略)
・洋館事件発生。

バイオハザード5/バイオハザードの歴史

1998年にラクーンシティ郊外で発生したバイオハザード、通称「洋館事件」を生き延び

バイオハザード6/クリスの経歴

t-ウィルスが生み出したB.O.W.でもっとも優れていると言われたのが、「タイラント」である。1998年の洋館事件、同年のラクーン事件において生存者たちを妨害し続けたことで、記録にも多く残っている。

バイオハザード6/B.O.W.

洋館事件
アークレイ山中のラクーンフォレストの奥地に建てられたアンブレラの研究施設「アークレイ研究所」。その仮の姿である洋館にてウェスカーに誘導されたS.T.A.R.S.隊員が巻き込まれた惨事。ウェスカーの狙いはS.T.A.R.S.隊員とB.O.W.(生物兵器)との戦闘データ収集であった。

https://www.residentevil.net/recollections/dw118.html?l=ja

正しい「洋館事件」という言葉の使い方としては「洋館事件でクリス達が明らかにした真実。」や「クリス達が巻き込まれた洋館事件は・・・」、「洋館事件で見つかったファイルによると・・・」というような文章になります。簡単に言うと7月24日から7月25日のクリス達の調査を意味しています。

間違った「洋館事件」という言葉の使い方としては「アークレイ研究所で起こった事故やクリス達の調査は洋館事件と呼ばれている」というような文章になります。

そんなことがどうしてわかるのかについては先ほど引用している各バイオハザードのファイルで大体は伝わると思います。ちなみにその決定的な証拠があります。それがバイオハザード0のオープニングです。

バイオハザード0の冒頭のムービーのセリフに答えがあります。

バイオハザード0/オープニング 発端となった洋館事件以前
バイオハザード0/オープニング 発端となった洋館事件以前

洋館事件以前ということはこのバイオハザード0のこの冒頭シーンは洋館事件の前にあるということになります。つまり洋館事件がアークレイ研究所で起こったバイオハザードである5月始まりというのはおかしいということになります。

なので洋館事件は7月24日から7月25日のクリス達の調査を意味しています。

ラクーン事件のようなバイオ2~3とOBとORと…etcみたいなアバウトな使われ方をしている用語ではないので改めて意味を決めておきます。

洋館事件 とは 考察 バイオハザード1 時系列考察解説

洋館はいつ建てられたのか?

洋館がいつ建てられたのかについてはバイオハザード5のファイルから1962年ということが分かります。

【1962年】
・オズウェル・E・スペンサーが建築家ジョージ・トレヴァーに洋館の設計、建築を依頼。

バイオハザード5/バイオハザードの歴史

つまり1962年に建てられたものであるということが分かります。しかし1962年の何月に建てられたのかまでは記載されていません。

その答えがバイオハザードHDリマスターの特典に書かれています。ジョージトレヴァーの書いた「洋館の設計図(原文:PLANNING OF SPENCER MANSION)」に「開始日:1962年5月21日」と書かれています。

つまり洋館は「1962年5月21日」から建設計画が始まったということになります。

洋館の設計図に書かれたジョージの走り書きの翻訳

July 5 , 1962 Meeting went well
Some of Lord Spencer’s design proposals were complicated but nothing we can’t handle . This is a very exciting project. He’s even going to invite my family and I when it’s completed , plus let my daughter Lisa be a model for one of the paintings in the gallery .
Such an honor.

     That dog has had no proper training.
      My blueprint are now covered in ink !

バイオハザード HDリマスター コレクターズ・パッケージ (初回特典)

考察記事はこちら↓

ジョージトレヴァーの書いた設計図 PLANNING OF SPENCER MANSIONS 走り書き バイオハザードHDリマスター初回特典 翻訳考察

ウェスカーの不穏な動きとは バイオハザードダークサイドクロニクルズ考察

t-ウィルスの研究が同僚のウィリアム・バーキンの手によって完成の域に達した頃、ウェスカーは情報部へ転属、不穏な行動を取るようになる。

バイオハザードダークサイドクロニクルズ/アルバート・ウェスカー

この時期は1991年のことである。(ウェスカーズリポートより算出)

なお、これ以降ウェスカーはSTARSに入りあの洋館事件を起こす。

が、この1991年のことについて何も情報が無い。キャラクターの解説にも、時系列にもそれらしい動きがない。そう、転属された事実しか書かれていない。

やはり気になる所。

というわけで時系列をまとめていると面白い一致があることに気づく。正体不明の人物とウェスカーの行動の年が同じなのである。

考察記事はこちら↓

ウェスカーの不穏な動きとは バイオハザードダークサイドクロニクルズ考察

ジョージトレヴァーが抹消された日はいつなのか?

ジョージトレヴァーが抹消された日&生きていたことが確認できるファイルの日付が二つ存在します。バイオハザード1の「トレヴァーの日記」と「ある家族の写真」に「11月31日」という記述があります。そしてバイオハザードアンブレラクロニクルズの「ある家族の写真」に「11月30日」という記述があります。なんとジョージトレヴァーが抹消された日付が二つ存在します。そして現実世界には11月31日は存在しません。

ここで問題となるのが、もしも日付を現実世界同様の日付に変更をした場合、トレヴァー家の一連の誘拐から死亡までの日付に影響が出るということです。

公式設定はうまくできており11月31日→11月30日→11月の話とうまく回避して変更されてきています。

ただし最終日のみ変更されておりトレヴァー家の一連の誘拐から脱出を試みる部分の日付が変更されていません。そのため全てを繋げた場合、日付のズレが生じます。修正方法として翌日に当たる本当の日付である12月1日にズラすのではなく30日にしたということはジョージトレヴァーが抹消されたのは30日であるということなのでうまく修正する必要があります。

日付についての正確性を考えると誘拐された10日~13日辺りは日付感覚としても正しいものと考えられます。そして研究員らしき人物が30日にジョージを抹消したと書いてますのでその始まりと終わりを正しいと考えます。

また、25日、28日が空白になっています。

このことから後半の日付を変更して揃えるというのが最善策といえます。

29〜31日までの日付を、変更された公式設定の30日までに変更。そして空白の28日に29日を移動させ、28〜30日に解釈を変更させます。

ということで、時系列のところも、29日→28日、30日→29日、31日→30日に変更しています。

ジェームスマーカスが洋館を汚染させた事実は誰も知らない

本編ではなくバイオハザード0で明らかになる事実ですが、バイオハザード0内で語られている内容からもジェームスマーカスが洋館を汚染させたという事実は知らないようです。

つまり洋館発生したことはジェームスマーカス以外全員単なる事故だと思っていたわけです。

事件の真相はジェームスでしたがその事実に気づいている人間はいなかったということになります。

またレベッカチェンバースもその事実を知っているわけではないのでこの事実を知っている人間は3人だけということになります。(擬態マーカスとウィリアムとアルバートの三人)

そして最終的にはこの三人は死亡してしまうのでこの事実をアルバートがU.M.F-13に入力でもしていない限り本当に誰も知らないという情報になります。

そもそもジェームスの復讐のために行っているので早々にばれてしまっては作戦が台無しです。(笑)

かゆい うま (かゆうま)はいつなのか?

日付の部分らしきところに4とだけ書かれた日記です。そして5月10日から書かれている日記です。4が文章内容ではないと仮定すると日付としか考えられないので月と日で当てはまるものを探していきます。

5月なので月で考えると4が付くのは4月のみ、翌年の4月までこの日記を書いている…という以前に同年7月に洋館事件が起こるのでありえません。

と考えると5月で考えると24日が当てはまります。翌月にも4の付く日がありますが、急にここだけ日付指定無しで時間が空いているとは考えられないので5月24日が妥当です。

黄道特急事件は洋館事件のきっかけNo.2

黄道特急事件 バイオハザード0 時系列考察解説 バイオハザード大学
黄道特急事件 バイオハザード0  時系列考察解説 バイオハザード大学

洋館事件のきっかけは5月11日に発生したウイルス漏洩事件ですが、もう一つあります、それがバイオハザード0で描かれている黄道特急事件です。クリス達が出動したきっかけに当たる事件なので洋館事件のきっかけになります。

黄道特急事件についての話って実は一切後日談に出てこない作品です。バイオハザード0が後で発売されている作品というリアルな事情もありますが、バイオハザード0についてそもそも生存者がほとんどいないのがその理由となります。黄道特急事件の生存者で未だに生きているのって一人だけなんですよね。

レベッカチェンバース(ヴェンデッタまで生存が確認)、エンリコマリーニ(バイオ1で死亡)、リチャードエイケン(バイオ1で死亡)、ビリーコーエン(ビリーという人間の死亡)、ウィリアムバーキン(G変異後に死亡)、アルバートウェスカー(運悪くマグマダイブしてしまい死亡)、ジェームスマーカス(そもそも死亡)、セルゲイウラジミール(ドM過ぎて死亡)等々が関連しているキャラクターですが、その多くの人物が過去の回想をする前に死亡しています。ビリーコーエンは生存していますがこの世界(戸籍上)では死亡したことになっています。

そして唯一の生存者であるレベッカはビリーコーエンについての事実を公表できないためこの事件の真実を隠す必要性が出てきます。というように黄道特急事件については誰も話してくれないわけです。事実上の黒歴史化。

ゲーム内容的にはバイオハザード1で明らかになったアークレイ研究所での事件の真相です。つまり洋館事件で収集したファイルに書かれている内容を深く描いたものがバイオハザード0の横道特急事件というわけです。

つまり黄道特急事件も先ほどのウイルス漏洩事件と同じように洋館事件のきっかけということになります。

皮をひんむいたゴリラのような奴とは何なのか?

「皮をひんむいたゴリラのような奴」というのはハンターのことです。最新作からプレイしてしまうとエリミネーター(バイオハザード0に出てきたサル)と勘違いしてしまいそうですがハンターのことを指します。エリミネーターなら猿と表現すると思います。

いろいろ考えるのもアリですがこの文章はバイオハザード無印版に初登場しているファイルの中に書かれているものなのでハンター以外に該当するクリーチャーがいません。

犬の伏線

まずは、犬の時系列をまとめます。

5月11日に洋館でウイルス漏洩事件が発生して12日に犬の餌が抜きになります。そして、14日に犬が脱走します。

6月に猟奇殺人事件が頻発します。ケルベロスのせいですね。

ということは、この流れを繋げると洋館で飼われていたドーベルマンがウイルス漏洩事件で感染したあと、飼育員が餌を抜いたため腹を空かせて人間を襲ったということになります。

そして、洋館で飼われていたドーベルマンが人を襲うという迷惑行為をしているという伏線をジョージトレヴァーの設計図に書かれている走り書きとして回収していると考えられます。

犬の年齢を考えて脱走したドーベルマンとジョージトレヴァーの設計図を汚した犬が一緒ではないと思いますが、スペンサーのところの犬はヤンチャだという伏線なんではないでしょうか?

セルゲイが回収した謎の袋は何なのか?

セルゲイが洋館から回収した人型の黒い袋は後に登場するテイロスの素体です。

合衆国のラクーンに飛んで、隠密に素体を回収してもらえないだろうか?

バイオハザードアンブレラクロニクルズ/セルゲイ・ウラジミールへの封書

また「テイロスの素体回収が先だ」というセルゲイの発言があります。

サムライエッジスタンダードモデルとは 考察解説 SAMURAI EDGE 2/standard model バイオハザードHDリマスター バイオハザード0

サムライエッジスタンダードモデルとはbiohazard、biohazard0で登場したM92Fのゲームオリジナルカスタムのハンドガンを指す。ジョウケンドが生みの親。

スタンダードモデルとは基本的にレベッカをはじめとするS.T.A.R.S.隊員が所持しているものを指す。クリス、ジル、ウェスカー、バリーは正式採用後独自にカスタムの発注をしているためスタンダードモデルではない。

サムライエッジスタンダードモデルとは 考察解説 SAMURAI EDGE 2/standard model バイオハザードHDリマスター バイオハザード0

洋館に入ったのは誰なのか? バイオハザード1考察

「ジル・クリス・ウェスカー」
「ジル・バリー・ウェスカー」

考察記事はこちら↓

洋館に入ったのは誰なのか? バイオハザード1考察

洋館から脱出したのは誰なのか? バイオハザード1考察

「ジル・クリス・レベッカ」バイオハザード1クリス編
「ジル・クリス・バリー」バイオハザード1ジル編
「ジル・クリス・レベッカ・ウェスカー」バイオハザードアンブレラクロニクルズ

考察記事はこちら↓

洋館から脱出したのは誰なのか? バイオハザード1考察

アルバートウェスカーが生き返ったのはいつなのか?

アルバートウェスカーが蘇生した日付が24日となっていますが、時間軸を考えると明らかに25日です。

24日の夜から物語が始まり翌日25日の夜明けでエンディングを迎えていると考えると「爆破シーケンスはクリス達が脱出する寸前」「アルバートのメインフレームへのアクセス権が0時00分00秒に剥奪されていることにアルバートは気づいていない」という点から確実に25日になります。

ウェスカーズリポート2解説考察 バイオハザード考察

ウェスカーズリポート2とはウェスカー視点書かれている記録。主にリサトレバーウィリアムバーキンについてのことが記載されている。全部で5つの記録が存在する。

内容としてはバイオハザード1~バイオハザードコードベロニカまでの話を繋げるために以下の伏線&追加要素がある。(後付け設定)

1978/7/31
リサトレバーとの出会い(追加)

1981/7/31
才女アレクシアアシュフォード

1983/12/31
アレクシアアシュフォードの死亡

1988/7/1
G発見(追加)

1995/7/31
Gの開発

考察記事はこちら↓

ウェスカーズリポート2解説考察 バイオハザード考察

ウェスカーが愛用したサムライエッジまとめてみた バイオハザード考察

ウェスカーが使用しているサムライエッジは洋館事件(黄道特急事件:以下略)から死亡するまでの間同じものを使用しているとされている。

考察記事はこちら↓

ウェスカーが愛用したサムライエッジまとめてみた バイオハザード考察

サムライエッジ ジルモデル M92F M9 M9A1 M92FSバイオハザード考察

ジルの使ったサムライエッジとひとくくりに言っても多すぎる問題が発生していると思う。細かく分けるとテストモデル、制式採用モデル、カスタムモデル、リファインモデルに分けられる。

・テストモデル(1)
・制式モデル(UC/3)
・カスタムモデル(エアガン/RE3)
・リファインモデル(RE2/RV1)

しかしながらテストモデルは使用していない。

考察記事はこちら↓

サムライエッジ ジルモデル M92F M9 M9A1 M92FSバイオハザード考察

洋館事件が公にされなかった理由

アンブレラの悪事が大量に出てきた洋館事件でしたが、その後事件が大きな話題になることなくまたいつもと同じ偽りの平穏な日常がラクーンシティに訪れます。

考察記事はこちら↓

洋館事件が公にされなかった理由 バイオハザード1考察

レビュー解説動画のポリシー!! 1.初心者にわかりやすいこと。 2.商品のレビューから来る不安を取り除くこと。そして見てみる。 バイオハザードの実況解説考察もしてます。

シェアする