ハヴィエにTウイルスを売った男とは バイオハザードダークサイドクロニクルズ考察

2月24日
あの男…アシュフォード家と関わりがあるらしいが、いまひとつ信用ならん。だが、持ってきたウィルス治療法の情報は、気にかかる。もうヒルダには後がない。確か「t」と言ったか…明日、試してみるとしよう。

ハヴィエの備忘録(1991年)

この情報からわかるのは「男」「アシュフォード家とかかわりがある」「信用に値しない」。つまり、男である事実以外は嘘の可能性があるという。

・・・ちょっと、考察できないじゃないですか!!!

というわけで別の視点から考えていきます。1991年という年代から考えていきます。

1991年・・・不穏な動きをしているやつがいるな!

ウェスカーっ!

t-ウィルスの研究が同僚のウィリアム・バーキンの手によって完成の域に達した頃、ウェスカーは情報部へ転属、不穏な行動を取るようになる。

バイオハザードダークサイドクロニクルズ/アルバート・ウェスカー

この部分では年代が書かれていないがウェスカーズリポートによると1991年であることが判明する。

ウェスカーの可能性が半端ない。だが、後日談や公式情報からは確認できない。しかし、奇妙な一致をしているということは暗にそのことを示していると考えられる。

がしかし、ウェスカーでは少し辻褄が合わない。

というのもウェスカーとハヴィエはこの後Tベロニカウイルスの取引でアンブレラの優位に立っている。

前の値で通せ。買い手は他にもある、こざかしい駆け引きに付き合うな。

バイオハザードダークサイドクロニクルズ/ハヴィエの私信

つまりウェスカーとアンブレラの二つとTベロニカウイルスの取引をしようと企んでいたということである。安いほう、信用できるほうを選ぶために。

つまり1991年にウェスカーの不穏な動きがみられるがこれがバイオハザードダークサイドクロニクルズのファイルにある「あの男」の動きである可能性が高い。ウェスカー=男ではなくウェスカーがある男を使ってTウイルスを売ったと考えるのが妥当か。

逆にアシュフォード家の人間だったと仮定する。アシュフォード家はTベロニカウイルスを開発しているはず。なぜわざわざTウイルスを本部から盗んだのか…と考えるとTウイルスの入手経路がさらにややこしいことになりそうな。ウェスカーなら盗める。

不穏な動きといい、Tウイルスをロックフォート島にバラまいた事実といい、その可能性はウェスカーだからこそ高い。

まとめ

ある男とはウェスカー、もしくはウェスカーが送った人間である可能性が高い。

全て仕組んでいたのだろう。そうでなくてはウェスカーがTベロニカウイルスを売り渡す経緯がおかしくなる。

というか昔プレイしてた時何も考えずにウェスカーだと思ってた。(´-ω-`)

レビュー解説動画のポリシー!! 1.初心者にわかりやすいこと。 2.商品のレビューから来る不安を取り除くこと。そして見てみる。 バイオハザードの実況解説考察もしてます。

シェアする