黄道特急とは バイオハザード0 時系列考察解説

黄道特急とは バイオハザード0 時系列考察解説

バイオハザード0 黄道特急

黄道特急(ECLIPTIC EXPRESS:エクリプティック エクスプレス)とはバイオハザード0またはバイオハザードアンブレラクロニクルズに登場するアンブレラ幹部養成所へと繋がる列車である。

アンブレラ社が所有する私設列車でありアンブレラ関係の社員が乗車している。

その証拠にただの豪華な客室にお金持ちの旅行客を乗せた列車の雰囲気に見せかけておいて実はアンブレラのバッチが付いている乗客である。

そして、アンブレラ幹部養成所の再利用計画のために向かっている。

1998年7月14日にこの乗客達は通達を受ける。彼らは第2班となっている。

先発隊の第1班は遺棄実験体や廃棄物の調査を担当している。

到着後は先発隊のウィリアムバーキンとアルバートウェスカーの指示に従うことになっていた。

しかしながら1998年7月23日夜8時、擬態マーカスによって急襲され乗車していた人間は襲われる。

その後停車しておりレベッカチェンバースやビリーコーエン等が乗ることになる。

実験体だった試作B.O.W.type-y139スティンガー(サソリのやつ)も謎に列車にいる。

その後は暴走列車となりレベッカとビリーが手動でブレーキをかけるも止めることはできなかったためカーブで体制を崩しそしてアンブレラ幹部養成所の入口で脱線し止まった。

目的地には着いているのである意味まともな暴走列車である。(ん???)

レビュー解説動画のポリシー!! 1.初心者にわかりやすいこと。 2.商品のレビューから来る不安を取り除くこと。そして見てみる。 バイオハザードの実況解説考察もしてます。

シェアする