バイオハザード4のリメイクRE4が2022年に発売するという話

ことの発端

カプコンが「バイオハザード4」のリメイク版の製作を許可しました。
バイオハザード2』と『バイオハザード3』のリメイク版に続き、複数の開発関係者がVGCに語ったところによると、『バイオハザード4』のリメイク版は2022年の発売を目指して本格的な制作が開始されたとのことです。
開発は大阪に拠点を置くM-Twoが主導しており、元PlatinumGamesの代表である三並達也氏が設立した新スタジオで、2018年からプロジェクトの準備を進めているとのこと。
しかし、2020年の「バイオハザード3」がレッドワークス社が監督を務めたのと同様に、カプコンの社内チームや他の外部スタジオが開発リソースを大きく貸し出すことになりそうです。
UPDATE: カプコンの「バイオハザード4」リメイクプロジェクトについて、「RE2」と「デビル メイ クライ V」チームの一部が共同開発するとの主張を含む、より多くの疑惑の詳細が浮上しています。
リメイクには、オリジナルゲームのディレクターである三上真司氏が参加していることが明らかになっています。
リメイクを指揮するスタジオは2018年から運営されており、多くの元プラチナやカプコンの社員で構成されています。

https://www.videogameschronicle.com/news/resident-evil-4-remake/

バイオハザード4』はシリーズの次のリメイク作品となる。
M-Twoは最近、2019年の『バイオハザード3』の開発に貢献したが、このゲームでの役割は常にメインプロジェクトの前段階として意図されていた。
レビュー集計サイトMetacriticによると、2005年の『バイオハザード4』は、さまざまなプラットフォームで750万本の売り上げを記録し、カプコンの歴代最高評価を獲得しています。
2000年代のゲームの中で最も影響力のある作品の一つとされており、特にオフザショルダーの視点は、その後の多くの3人称視点のシューティングゲームに広く採用されています。
このゲームはそれまでのシリーズの特徴の多くを覆すもので、弾薬の不足などのサバイバル要素が薄れ、よりスピーディーで緊張感のあるペースが導入されている。
シリーズの代表的なゾンビでさえ、狂信的な宗教教団に取って代わられた。ロス・イルミナードは、これまでの『バイオハザード』のような単独での悪役ではなく、大集団でプレイヤーを襲うようになりました。
バイオハザード4』は、発売から15年の間に何十回も移植やリマスターが行われたが、完全なリメイクは行われていない。
ゲームキューブデビュー直後にプレイステーション2用に新コンテンツを追加して発売され、2007年にはモーションコントロールを搭載したWii版が発売された。その後、2011年にPS3、Xbox 360、PC向けにHDリマスターが発売され、2016年には再びXbox OneとPlayStation 4向けにHDリマスターが発売された。
2020年の『バイオハザード3』では、レジ4のプラガスに類似したパラサイトゾンビの導入や、4作目で大きく取り上げられたクイックタイムイベント(QTE)に類似したシーケンスが少なくとも1つ含まれているなど、4作目のリメイク版への潜在的な言及が多数見られます。

https://www.videogameschronicle.com/news/resident-evil-4-remake/

カプコンにはバイオハザード4のオリジナルチームメンバーが多数残っているが、彼らがM-Twoのプロジェクトに関与しているかどうかは明らかになっていない。開発に詳しい人物の一人がVGCに語ったところによると、リメイク版の監督はシリーズの新人が担当しているという。
バイオハザード4』の元々のリードコーダーである坂田清彦氏は、同じくPlatinumGamesのベテランで、自身の会社であるレッドワークスを通じて『バイオハザード3』のリメイク版のゲームディレクターを務めていた。
プロデューサーの小林弘之氏もカプコンに在籍しており、『バイオハザード6』を手がけている。
バイオハザード4のオリジナルディレクターである三上真司氏は、M-Twoの共同設立を打診されていましたが、ベセスダのGhostWireへのコミットメントを理由に辞退していました。VGCが伝えたところによると、三上氏はM-Twoの共同設立の話を持ちかけられたが、ベセスダの『GhostWire: Tokyo』への参加を理由に辞退したという。
スタジオに詳しい別の関係者によると、「M-Two」という名前は当初、カプコンとPlatinumGamesの両方で密接に仕事をしていた三上氏と南氏にちなんだものではないかとのことです。

https://www.videogameschronicle.com/news/resident-evil-4-remake/

要約

VGA
・2018年から開発開始。
・2022年を目標に開発中
・三並達也氏の設立したM-twoで開発
・三上真司氏(バイオハザードといえばの人でバイオハザード4のディレクター)が開発に参加しているという。
・開発ディレクターは新人。
・RE2とデビルメイクライ5の開発者と共同開発。その他原作関係者。

まとめるとこんな感じになります。詳しい内容についてのリーク情報はありませんでした。

考察

限定的情報でしかもこのサイトでしか公表されていないので真偽はわかりかねますが、開発関係者からというのが今回の信憑性を高めているように感じます。

またバイオハザードシリーズのリメイク作品は有志のHDprojectメンバーが突如消える→カプコンに連絡されて制作が中止になるというケースがあります。バイオハザードRE2ももともと海外のHDリマスター版を製作していたメンバーが突然開発及び配布データを削除することがありました。それから数年後バイオハザードRE2の発表があったという。

バイオハザード4のHDprojectも公式に認められたという話もあるのでやはりバイオハザード4のリメイクの可能性を暗に含めているのではないだろうか。もしくはそれに似たものが?

また追加情報が出れば書きます。

レビュー解説動画のポリシー!! 1.初心者にわかりやすいこと。 2.商品のレビューから来る不安を取り除くこと。そして見てみる。 バイオハザードの実況解説考察もしてます。

シェアする